WindowsMobilウィルコム スマートフォン

アクセスカウンタ

zoom RSS HYBRID W-ZERO3無線LANツールとWiFiSnapのややこしい?利用規約を公開

<<   作成日時 : 2010/02/02 15:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

HYBRID W-ZERO3にプリセットされている無線LANツール。これを初めて使おうとすると利用規約が2回も表示される。この利用規約、しっかり読まずに「同意します」をタップする人が多いが大切な事が書いてあるので、ここで公開します。

画像


無線LANツールを利用するには左上の[スタート]をタップして[無線LANツール]をタップします。無線LANツールのアイコンは下の方にあるので、スライドして動かさないと出てこないです。

画像


最初に出てきた画面が「無線LANツール 利用規約」

画像



この利用規約に書いてある「注意事項」というのが長文で読むのが面倒だけど、大切な事が書いてあります。以下、その文章です・・・・


注意事項

1.無線LANツール(以下、本ソフトウェア)から起動する無線LAN接続ツールは、起動時にシステムに設定されているホットスポットを除く無線LANアクセスポイント情報を取り込んで接続先として登録します。システムに設定されている無線LANアクセスポイント情報は、その後の処理で消去されますので、今後の無線LAN接続には無線LAN接続ツールをご利用下さい。
 ホットスポットについては、改めて無線LANオプション申込・設定ツールから登録していただく必要があります。

2.ダイヤルアップ接続については、現在選択されているネットワークから既存の接続を取り込んで接続先として登録します。

3.次の環境ではご利用なれません。ご注意ください。
(1)IEEE802.1×ネットワークアクセスコントロールを使った接続。
(2)ネットワーク認証としてWPA Enterpriseを使った接続。(WPA Homeでのご利用は可能です)
(3)デバイス(パソコン)間(ab-hoc)接続。

4.本ソフトウェアを使われる場合、システム側の設定([設定]>[接続]タブ:無線LANの設定、及びダイヤルの設定)は、触れないで結構です。
 本ソフトウェアへの設定・操作を経由して自動的に随時、設定・反映されます。
 システム側の設定を同時に変更しますと機能の混乱が生じ予測不可能な動作となる場合がありますので、ご注意してください。


・・・・と書いてありました。

その次に免責事項が書いてあるけど、簡単に書くと・・・

完全な動作確認をしているワケではない。
ソフトを使って損害が起きても責任を負わない。
連絡なしに仕様の変更、サービスの中止を行う場合がある。
ソフトに不備があっても訂正する義務はない。

・・・・という事です。

その次に著作権が書いてあるけど、簡単に書くと・・・・

著作権は株式会社ネットビジョンに帰属し、株式会社ウィルコムに対して配布・利用権がライセンスされている。
無償で利用でき、友人など営利を目的としない間柄での再配布は原則自由。
転載・雑誌掲載は株式会社ネットビジョンの許可が必要。
ソフトの改変は禁止。

・・・・・という事です。これらに同意する場合は左下の[同意します]をタップします。

次に、また利用規約が出てきました。今度は「WiFiSnap」の利用規約です。

画像


最初の【注意事項】ですが、1〜4は、前記の「無線LANツール 利用規約」と同じなので省略します。


5.WiFiSnapは、インストール時に「無線LAN接続切替ツール」「無線LAN自動サーチツール」「無線LANツール」に設定されている情報を取り込んで接続先として登録します。

6.ルータ化時の無線LAN接続(ad hoc接続)では、パスワード・ネットワークキーを誤って入力しても、エラー表示がされません。その場合、表示上接続状態となりますが、実際には通信できない状態です。正しい、パスワード・ネットワークキーを入力して再度接続して下さい。


次は【承諾事項】と【お問い合わせ】です。簡単に書くと・・・・

インストール後30日間は無料で使え、その後はシリアルIDを買わなければ使えない。
シリアルIDはWILLCOM CLUB AIR-EDGE内にあるhttp://commerce.wifisnap.com/から購入できる。
一つのシリアルIDは一つの機器のみで無制限に使える
WiFiSnapの機能は保障するものではないので無料期間30日間の間に十分な動作試験を行う事
利用者が損害を被っても責任を持たない
シリアルIDを買っていない人からの問い合わせには応じない場合がある
買った人からは【お問い合わせ】に記載した方法で問い合わせに応じる
WiFiSnapを使った接続で無線LANサービス業者、プロバイダに問い合わせをしないでください
実行モジュールを修正しての利用、複製は禁止
有償/無償を問わず無断での再配布は禁止
解析、逆アセンブラなどはしないでください
連絡なしに仕様変更・サービス中止する場合がある
WiFiSnapに不備があっても訂正する義務はない

さて、その【お問い合わせ】方法は、二つあって・・・・・

http://www.wifisnap.com/からリンクした[問い合わせ]ページより行う。WILLCOMのメールアドレスとシリアルIDが必要。

又は・・・

WiFiSnapサポートwifisnap@netvision.co.jpまで、タイトルにシリアルIDを記載してメールの記載が必要

電話での問い合わせには応じない、WILLCOM以外のメールアドレスでは応じない。

という事で、これらに同意する場合は左下の[同意します]をタップします。

同意すると無線LANツールの画面が表示しました。

画像


ややこしい事が色々、書いてあり、ついつい、よく読まずに[同意する]になってしまいます。配布元、ソフトを作った人は責任は無いような事が書いてあり、同意して、後から「同意した利用者が悪い」となっても、法律が優先されますから、内容によっては「同意は無効」という事になります。
(例えば、年利30%の利息でお金を借りる事に同意しても、30%の利息は法律違反ですから、同意は無効です)


【リンク】




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
無線LAN接続ツールを使って公衆無線スポットに接続 優先順位の変更
FREESOPTなど無料の公衆無線LANスポットがあるので、それを利用すればパケット料不要で高速インターネットが出来ます。今回は無線LAN接続ツールを使って、公衆無線LANスポット(FREESOPT)に接続しました。また、無線LAN接続ツールは「CLUB AIR-EDGE」「CLUB AIR-EDGE 3G」などの接続優先順の変更も出来ます。 ...続きを見る
WindowsMobilウィルコム スマ...
2010/03/08 19:20
HYBRID W-ZERO3のWiFiSanpを使ってみた。セキュリティ強化設定
HYBRID W-ZERO3にはパソコンなど無線LAN接続が出来る機器とウィルコムの回線を接続しインターネットが出来るWiFiSanpというアプリがあります。 ...続きを見る
WindowsMobilウィルコム スマ...
2010/03/16 19:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウィルコムストア
HYBRID W-ZERO3無線LANツールとWiFiSnapのややこしい?利用規約を公開 WindowsMobilウィルコム スマートフォン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる