WindowsMobilウィルコム スマートフォン

アクセスカウンタ

zoom RSS ポケットマップルデジタル GPSを使って現在地を表示(GPS設定法など)

<<   作成日時 : 2010/03/01 18:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

HYBRID W-ZERO3にはGPS(グローバル・ポジショニング・システム (Global Positioning System):全地球測位システム )が内蔵されているので、GPSとポケットマップルデジタルを使って現在地を表示させました。

画像


使ったアプリケーションはこちらのプログで紹介したポケットマップルデジタル10

前に発売したWILLCOM03はGPSには対応していたが、内蔵していなかったので外付けのGPSをUSB接続して使うしかありませんでした。
これが意外と面倒で、結局、外付けGPSは、ほとんど使いませんでした。


画像



初めてGPSを使う時は現在地を覚えるまで時間がかかります。だからGPSの電波を受信しやすいように天気の良い日で障害物の無い広い公園などで行います。今回、下の写真の公園で、初めて使い。位置測定が出来るまで20秒ほど、かかりました。

一度、位置測定をすると、その後は2〜3秒で位置測定が出来ます。


画像


ポケットマップルデジタル10で、GPSが使えるように設定します。

[操作]→[GPS機器設定...]をタップします。

画像


GPSの設定ですが・・・・

●機種は「NMEA WGS-84 タイプ」を選びます。これを間違うと正しい位置を表示しません。
●接続ポートは「自動設定」
●「軌後をカスタム情報に保存する」は、GPSで移動した記録を後から見る場合はタップしてチェックしますが、その必要がない場合はチェックを外します(私は外しました)
下の「保存間隔」の記録する間隔です。
●「GPS機器のNMEAログを保存する」はチェックを外している事を確認します
●「GPSヘッドアップ時の地図回転を抑える」をチェック。
●「W-SIM簡易GPS有効」のチェックを外している事を確認します。

画像


[操作]→[GPS位置取得モード](青丸印)をタップするか、下にあるGPSのアイコン(赤丸印)をタップして測定開始です。

画像


一度、GPSで位置測定が出来れば、ポケットマップルデジタル10を終了させ、再度、使ってGPS測定を開始しても、待ち時間は数秒で速いものでした。

それでも、位置測定に時間がかかる時は、いったん地図を終了させて・・・

[スタート]→[Quick GPS]をタップします。

画像


これはウィルコムの基地局の情報を利用するもので、[更新]をタップすると、ちょっとは早く測定が出来るようです。
ただし、これを行うと通信料が発生します(1回につき約360パケット:約38円)。

画像

画像


現在地が分かるというのは道に迷った時などに便利ですね。ナビタイムと違ってポケットマップルデジタル10はネット接続しませんから、圏外でも地図を見る事が出来るので、本当に助かります。

GPSは室内など衛星の電波が届かない場所では利用できないです。いまどこサーチなどドコモやauなど携帯電話のGPSは基地局情報をかなり使っているので現在地を表示できるようですが。。。



【リンク】




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウィルコムストア
ポケットマップルデジタル GPSを使って現在地を表示(GPS設定法など) WindowsMobilウィルコム スマートフォン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる