WindowsMobilウィルコム スマートフォン

アクセスカウンタ

zoom RSS HYBRID W-ZERO3のWiFiSanpを使ってみた。セキュリティ強化設定

<<   作成日時 : 2010/03/16 19:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

HYBRID W-ZERO3にはパソコンなど無線LAN接続が出来る機器とウィルコムの回線を接続しインターネットが出来るWiFiSanpというアプリがあります。

画像


WiFiSanpは分かりにくい場所にあり、左上の[スタート]タップして[無線LANツール]をタップ。[無線LANツール]は下の方にあるのでスライドして出します。

画像


初めての時は、こちらのプログに書いた利用規約が出てきます。

WiFiSanpの無料期間である30日間というのは、利用規約に同意した日から30日間です。HYBRID W-ZERO3を買った日からではありません。

「WiFiSanp ルーター」のアイコンをタップすると使えるのでタップすると。

画像


「お試しを続ける」「ご購入ページへ」「シリアルID自動取得」「シリアルID手入力」と書かれた画面が表示され、いつまで無料で使えるか?「お試し期限」というのも表示されます。
この画面はシリアルIDを入力(又は取得)しない限り毎回出てきます。

このWiFiSanpの購入料金は、こちらのプログに書いたようにクラブエアエッジ情報料として請求されます。

今回は「お試しを続ける」をタップしました。

画像


WiFiSanpの画面が出てきましたのでセキュリティの為、データ暗号化の設定をします。

データ暗号化の場所は「WEP」を選び、入力を間違えない為に「キーをそのまま表示」をタップし表示するようにします。
「ネットワークキー/パスワード」を入力しますが、これは半角英数字で5文字、又は13文字です。
キーボードの[文字]キーを押し、英字なら[8]キー、数字なら[0]キーを押してから入力します。

今回はネットワークキーを仮に「12345」にしました。

画像

画像

画像



入力が済んだら[Start]をタップしてアプリを動かし、接続開始です。

画像


アクセスポイントを検知(赤丸のアイコン)、アクセスポイントを介してネットワーク接続(青丸のアイコン)した事が表示されました。
その間の[PT]はウィルコムの回線に接続している事を表しています。

画像


今回は無線LANカードを使った「シグマリオン3」でネット接続を行いました。シグマリオンはWindowsパソコンと違い、数秒で電源が入り、電源ボタンを押すだけで瞬間に電源を切る事が出来るので外出時に便利。また、Windows Mobileとシグマリオンは同じアプリが公開されている場合が多いので、データの共通など便利です。

画像


シグマリオン3がWiFiSanpを認識しました。

画像


WiFiSanpで設定したネットワークキーを入力します。
キーの形式は「ASCII 文字」。キーの長さ(文字数)も間違えずに設定します。

画像


インターネットへの接続が完了しました。

画像


WiFiSanpは、色々、設定の変更が出来ます。セキュリティをさらに強化する設定を行います。

今回行うセキュリティ強化はMACアドレス制限。MACアドレスとは、各通信機器別に、工場出荷時に設定されたアドレスで、MACアドレスが重複する可能性は、かなり低いです。

つまり、登録したMACアドレスのみ接続するという事。MACアドレスを制限する事で、接続する機器をハード的に制限する事が出来ます。
WiFiSanpのセキュリティはWEPのみですが、そのWEPを解読するソフトはネット上に出回っているそうで、MACアドレス制限でセキュリティを強化します。

[メニュー]をタップし[プロパティ]をタップします。

画像


[接続制限]のタブをタップします。
ここで過去に接続したMACアドレスが表示されますので、接続する機器の□をタップしチェックして「許可した機器(MACアドレス)以外なら切断」の□をタップしてチェックして、[OK]をタップして完了です。

画像



HYBRID W-ZERO3はパソコンとのUSB接続で、パソコンをウィルコム回線を通じインターネット接続が出来るのでWiFiSanpは不要のように感じますが、今回のシグマリオンやニンテンドーDSiのように、USB接続できない機器でインターネットを行う場合は、WiFiSanpは便利です。

またUSB接続を行うと、家庭用コンセントなどAC電源でHYBRID W-ZERO3を使う事が出来ないのでバッテリーの消耗も心配です。

WiFiSanpは有料アプリケーションです。30日間の無料期間を利用して、ニンテンドーDSiのように持っている機器でインターネットが出来るか?接続途中で切断などしないか?十分にテストしてから購入する必要があります。
またWiFiSanpを長時間使用すると発熱などでHYBRID W-ZERO3が故障する事があります。

Windowsのネットブックなど、USB接続出来るパソコンを持っている場合は、WiFiSanp使わなくてもHYBRID W-ZERO3とのUSB接続でネット接続が出来るので、購入する必要はないかも知れないですね。


【リンク】




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
WiFiShapを使いニンテンドーDSiでインターネット
こちらのプログでニンテンドーDSiとWiFiShapの接続が出来ると書いたけど実際には試していないので、実際に接続をしてみました。 ...続きを見る
WindowsMobilウィルコム スマ...
2010/04/11 22:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウィルコムストア
HYBRID W-ZERO3のWiFiSanpを使ってみた。セキュリティ強化設定 WindowsMobilウィルコム スマートフォン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる