WindowsMobilウィルコム スマートフォン

アクセスカウンタ

zoom RSS ほとんど役に立たない HYBRID W-ZERO3 情報リーダ

<<   作成日時 : 2010/03/05 22:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

HYBRID W-ZERO3には雑誌などで気になるお店を見つけたら、サッと撮影。お店の名前や住所、電話番号などを読み取って、「電話帳」に登録できる「情報リーダ」というのがあるが、ほとんど役に立たない。

画像



[スタート]→[情報リーダ]をタップしてアプリを起動。アプリが起動すると同時もカメラの撮影モードに入ります。ここで、読み取りたい雑誌やチラシなど写すのですが、ここでグズグズしていると、液晶のバックライトが消えてしまい、[スタート]→[情報リーダ]をタップという、やり直しになってしまう。

「読む込みでフォーカスを合わせ/撮影をします」と書いてあるが、[読み込み]をタップしなくても、Xcrawl(エクスクロール)キーの中央を押すだけでフォーカス合わせ/撮影をしてくれる。

画像


今回、情報リーダで読み取らせたのは、先日、新聞の折り込み広告にあった下のチラシ。

画像


この撮影が大変で、HYBRID W-ZERO3の陰で暗くなったり、照明の明りが反射して文字が消えるなど、なかなか難しい。また、携帯ストラップが、撮影の邪魔になる。

撮影をすると[認識中]の表示をし、認識結果が表示される。この間、数秒で、わりと早い方です。

画像


認識結果は、下の写真の通り。数字、英文字は、わりと正確だけど、店名やフリーダイヤルの電話番号のように、極端にサイズの違う文字は認識しない。

チラシには・・・

豊中市岡上の町
4丁目1-10

と書いてあるが、認識後は・・・

豊中市
岡上の町4丁目1-10

と、市町村名を認識しているのは、たいしたもの。

画像



認識後、やり直す場合は[メニュー]→[再読み込み]をタップで行う事が出来る。

[連絡先に登録]をタップすると、連絡先の新規入力画面になり、ここで、修正などを行います。

画像


正確に読み取らすには、文字の大きさなど全体的なバランスが取れていて、光の反射や影は避ける・・・などが必要。

正確に読み取りしてもフリガナなどが手入力しなければならないし、電話番号のFAX、携帯、などの区別がつかないし、お店の名前が個人名に入力されたり、その逆だったり。

読み取っても後からの修正が大変で、これだったら、最初から手入力の方が早いし楽です。


【リンク】




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウィルコムストア
ほとんど役に立たない HYBRID W-ZERO3 情報リーダ WindowsMobilウィルコム スマートフォン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる