WindowsMobilウィルコム スマートフォン

アクセスカウンタ

zoom RSS Windows Phone 7の国内販売は確実。タブレット端末は?

<<   作成日時 : 2010/11/23 22:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の10月から日本を除く、世界各地で発売されたWindowsPhone7。来年、日本での発売は、ほぼ確実となりました。

11月18日付、毎日新聞に記者が、マイクロソフト日本法人の樋口泰行社長インタビューした記事によれば、2005年にマイクロソフトのOSを搭載したスマートフォンが発売されたものの、iPhoneなどに逆転された。そこで、使い心地などを向上させた新OS、Windows Phone 7を発売し、非常に好評で日本国内でも、早い時期に発売したいと考えているそうだ。

そのアップルと言えばiPadなどのタブレット端末。iPadなどの好評で、危機感を感じているマイクロソフトだけど、タブレット端末に関しては「Windowsのソフトが使えないと困る」という考えから、タブレット向けのOSは開発しない考え。

来年(2011年)になれば、Windows Phone 7搭載のスマートフォンが国内で発売されるのは間違いないです。

じゃ、Windows Mobile 6は、どうなるのか?

どこだったか、今年の春、携帯電話向けのサイトで、マイクロソフト日本の人へのインタビューで、Windows Phone 7とWindows Mobile 6は併存。これからも、Windows Mobile 6についても力を入れていくと書いてあったと思います。

しかし、これは春の話し。WindowsXPのサポートも、あと、数年(2014年だっけ???)で終わるように、複数のOSをやっていくのは大変。

そして、基本的にはWindowsMobile6のアプリは、Windows Phone 7では使えない。
最近、日本の各メーカーがAndroidの新製品を次から次へと出しているのも、Windows Mobile 6は終了するとの考えがあるかもしれないです。

Windows Mobileのアプリが使えないなんて、今、使っている、HYBRID W-ZERO3のアプリは、どうなるのでしょうか?

MS-DOS、Windows95 XP と、新OSが出るたびに、ソフトが使えなくなったり、周辺機が使えなくなったり、ユーザーを裏切って来たマイクロソフトですけど、今度はスマートフォンでも同じことをするのかな?

それより、ウィルコムがWindowsをやめて、Androidかも知れない。。。という方が、HYBRID W-ZERO3でWindows Mobile 6のアプリを使っている私としては心配です。
事実、HYBRID W-ZERO3を開発する時にAndroidの考えがあったそうで、その時、マイクロソフトからWindows Liveの誘いがあり、Windows Mobileを採用したとか。
マイクロソフトとしては、オフィスなどマイクロソフトのソフトが使えるクラウドコンピューティングに力を入れているから、Windows Liveを誘ったようだけど。

次のウィルコムのスマートフォンは、Androidの可能性が高く、それでなくても、Windows Phone 7だろうから、Windows Mobileのアプリを使っている私としては、壊れるまでHYBRID W-ZERO3を使うでしょう。


【リンク】




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウィルコムストア
Windows Phone 7の国内販売は確実。タブレット端末は? WindowsMobilウィルコム スマートフォン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる